検定・試験を受ける心得

dentaku

資格や検定のメリットを得るために

ビジネスの場において、要ともなるお金の管理をする「経理」。

事業に必要な経費の計算、資金の調達、運用…。日々の細かな管理から、その先を見据えた正しいやりくりまでを正しく扱える経理係がいなければ、事業そのものが傾き、失敗してしまう可能性もあるのです。

この重要な仕事をしていく上で、簿記や速記を始めとした様々な「資格」や「検定」は、非常に大切なものになります。求人先によっては、これらの資格を絶対条件としているところもありますし、そうではなくても、ひとつの基準として設けているところは多いです。

仕事をする姿勢や人柄、コミュニケーション能力は非常に大切なものではありますが、それだけでは務まらないのも現実です。明確な基準として設定していなくても、資格の上でその人の能力を知ることができますから、経理の仕事に転職したい場合は、まずはこれらの資格や検定の勉強をすることから始める人も多いです。

適切な状況判断能力や分析能力を行えているという判断基準にもなりますから、働く社会人としての一般素養を身に着ける訓練をしてきた証明にもなるのです。転職や派遣のコンサルタント企業でも、これらの資格や検定を重視して進めていくところがたくさんあります。

十分な資格を持っていれば、未経験であっても経理として採用するところは多数存在していますし、実務経験と合わせれば、より大きな事業に関われる可能性も増してくると言えるでしょう。難解な階級や資格を持っているほど、その人のスキルや、今後のポテンシャルを測ることもできるのですから。

資格は継続した学習が大切

これらの資格や検定の受験には、事前に継続して徹底した学習をすることが求められます。独学、専門学校、通信教材など、様々なパターンがありえますが、一朝一夕で身に付くものではないため、試験日に合わせて調整していくとこが大切です。

ここにも、検定や試験そのものにきちんと申し込み、会場や料金を確認して試験に備えるという当たり前の過程という審査が含まれています。この学習をするための心得は、「自分をきちんと理解すること」と「それに合わせた学習方法を導き出すこと」です。

この自己管理能力がなければ、資格や検定をクリアすることはできません。そしてその能力は、経理を扱う社会人としては必須の部分となっています。各試験、階級によって使い分けるスキルも必要となっているのです。

資格や検定の試験に臨む場合、これらが重要なものであるときちんと理解した上で、徹底した学習を行います。当日は自己コントロールを完璧にして、十分な実力を発揮できるようにしていきましょう。

当サイトでは、これらの資格や検定の必要性や転職との関係を紹介しながら、階級や種類ごとの難易度や詳細、勉強法についても解説していきます。

資格は必要?

経理になるにあたって資格や検定は必要になるのでしょうか。

経理に転職

実際に経理に転職するための手段について取り上げます。

日商簿記

日商簿記検定は誰もが持っておきたい必携資格です。

税理士

難関資格とも言える税理士を取得して差別化を図りましょう。

公認会計士

業務の幅が一気に広がる公認会計士について取り上げます。

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーに求められる能力を取り上げます。